サイバックスUniv.
無料体験版 お申込み

お役立ちコラム

仕事の効率を上げる「報連相」のポイント ~「報告」の重要性

2019年04月01日

皆さんこんにちは。
All for your smilesをモットーに人財育成のお手伝いをさせていただく、リスクモンスターパートナー講師藤島です。
皆さんは業務において、「報連相」について課題を感じたり悩んだりすることはあるでしょうか?

「しっかり報告していたつもりが上司に伝わっておらず、案件でトラブルが発生してしまった」
「何度こまめに報告、相談しろと言っても報告がなく、手の施しようがない状態になって初めて連絡を入れる部下に困っている」

仕事ではよく報連相を意識して業務に取りかかることを、皆さん常日頃から心がけているかと思います。 それでもうまくいかない…なんてことはありませんか?
実は「報連相」にはおさえるべきいくつかのポイントがあります。

「報連相」とは

皆さん既によく耳にしたことがあるかと思いますが、「報連相」とは、「報告」「連絡」「相談」の3つの言葉を略した言葉です。

仕事をしていると、皆さんも一度は報連相をきちんとするように言われたことがあるかと思います。
なぜかというと、仕事ではチームで仕事をしたり、複数人が関係したりするケースが多いからです。

報連相は、相手と情報共有をする際に重大な役割を果たします。
そのため、報連相を使いこなせる人は情報をきちんと整理でき、仕事もスムーズに進められ、周りからの信頼を得ることができるのです。

そういった物事を考えるときに、考えるべきことや考える手順がわかっていると、とても早く仕事を進めることができますよね。

「報連相」の押さえるべきポイント

では、「報連相をきちんとしろ」と言われたとき、どうすればいいでしょうか?
相手に対してどのように報連相するのがベストかを心がけて動こうとしても、何からしていいかわからないですよね。
そこで一つ押さえるべきポイントをご紹介します。

実は「報連相」には意識すべき順番があります。
最初にまず相談。次に連絡。そして最後に報告です。

まずは受け持った仕事をどういう風に進めたらよいか、どんなゴールにたどり着けばいいか、イメージを共有するために相談しましょう。
仕事に取りかかり始めたら、仕事を進めているうちに出てくる様々な必要事項を連絡しましょう。
そして、その時の状況に応じて報告を行うのです。
この順番を意識することによって、タイミングも内容も明確になり、効率よく仕事をすることができるようになります。

「報告」の重要性

「報連相」の中で特に難しいのが報告です。
その時の状況に応じて、とはどのタイミングなのか。
そもそも何を報告すればいいのか、報告すべき内容とは何なのか。
報告一つとっても、考えなければいけないことが沢山あります。

報告をするときに、報告すべきタイミングとその内容を明確にできるとグッと効果的な「報告」になるのです。

サイバックスUnivでは、この「報告」にフォーカスし、ケーススタディを通じて伝えるべきこと(要点)をまとめて簡潔に話すためのポイントについて体感し、学んでいく講座を用意しています。

業務の中でしっかり上司や関係者に報告をしたい、間が悪い・タイミングが悪いと言われない報告がしたい。
そんな形で報連相に興味をお持ちの方は、ぜひ報連相強化研修を受講してみてください。

コラムの内容を学べる公開研修情報

『ケースで学ぶ 報連相強化研修 ~要点をまとめて話すコツ~』
日程:2019/03/15(金)
15:00~17:00

コラム執筆者

藤島 遼太
藤島 遼太
学生時代に集団塾の講師業に従事し、インストラクションの基礎を習得。その後、2012年から個人事業主としてIT系法人向け研修会社と提携、企業における人材育成に関するサービスの 提供を開始。商社系IT企業やシステム運用会社、Sier、インフラ構築企業の新入社員研修や若手向けの研修にて、クラスマネージャとしてビジネススキルの指導を行う。また、大手通信会社の社内資格策定や製造会社の社内講師育成、特定非営利法人所属会員向けコンテンツの作成等、企業における人材育成について様々な企画、提案、運営を行う。
その他、某webサービスを活用した訪日外国人向けローカルツアーの提供や、某ライフスタイル製品会社の製品プロモート、某自転車メディアサイトにて、健康や観光に関する分野の記事の寄稿や、某企業SNSの運営の一部を担う活動も行っている。
All for your smilesをテーマに、人々が笑顔であるためにできることは何かを問いながら活動。

eラーニング・Webセミナーってどんなもの?
気になった方は、まずは無料体験版

実際のeラーニングとWebセミナーのコース(一部)を
1ヶ月間無料でお試しいただけます