適切な自己主張に必要なスキル ~アサーティブコミュニケーションとは~

2020年03月25日

★コラムの内容を学べる公開研修はこちら
『リーダーのためのアサーティブコミュニケーション研修 ~互いを尊重しあうコミュニケーション術』
https://www.cybaxuniv.jp/course/900076/

あなたはこんなことで悩んでいませんか。
「なんであのとき言わなかったんだろう」
「あんなこと、言わなきゃよかった」
「また言いすぎてしまった」

そんな悩みを抱えている方にピッタリなスキルがあります。それはアサーティブコミュニケーション。アサーティブ(assertive)は「自己主張」と表現することが多いですが、自分勝手、わがままという意味ではありません。アサーティブとは「自他を尊重する自己主張」のこと。相手の気持ちを尊重しつつ、自分の気持ちや意見を率直に表現することで、自他ともに尊重した適切な自己主張を行うことができます。本研修では、「3つのコミュニケーションタイプ」「アサーティブコミュニケーションで必要な4つの要素」「アサーティブに伝える手法」をご紹介します。

3つのコミュニケーションタイプ

コミュニケーションタイプは大きく3つに分けられます。
あなたは、どのタイプに近いでしょうか。

①攻撃型(アグレッシブ)
相手を大切にしていない自己表現
相手を抑えて自分を通す
自分はOK、相手はOKではない
傾向
・威圧的、感情的になることがある
・理詰めで追い込む
・思い通りにならないと八つ当たりする

②受身型(ノンアサーティブ)
自分を大切にしていない自己表現
自分を抑えて相手を立てる
自分はOKではない、相手はOK
傾向
・遠回しに言う
・言い訳がましい
・我慢が重なると、爆発することもある

③伝え上手型(アサーティブ)
自分も相手も大切にする自己表現
お互いの主張や立場を大切にする
自分も相手もOK
傾向
・自分の思いを率直に、正直に、その場に合わせて表現する
・相手の意見を受けとめて話し合える
・相手に歩み寄り、お互いにとって気持ちのよいコミュニケーションを大切にする

①攻撃型と②受身型は正反対のように見えますが、共通点があります。それは「自己受容度が低い」ということです。自己受容とは、ありのままの自分を受け入れること。受身型は自己受容度が低く、自分を卑下してしまう傾向があります。攻撃型は自己受容度が高そうに見えますが、実は自己受容度の低さを防衛するために攻撃をしています。相手と比べて自信がないから、相手を攻撃してしまうのです。

研修ではその他に「アサーティブコミュニケーションで必要な4つの要素」「アサーティブに伝える手法」についてもご紹介いたします。今回は簡単に、これらの概要についてご説明いたします。

アサーティブコミュニケーションで必要な4つの要素

アサーティブコミュニケーションに必要な要素は次の4つです。
①誠実
自分自身に正直になることで、相手にも誠実になることができる
②率直
ストレートに、相手が理解できる言葉を使って伝える
③対等
卑下することも、上から目線になることもなく、態度も心も対等に相手と向き合う
④自己責任
言った責任も、言わなかった責任も自分で引き受ける姿勢

アサーティブに伝える手法

伝え方を変えることで、無理なくアサーティブにふるまうことができます。
4つのステップに沿って実践してみましょう。
①事実を知る
目の前に起こったことを客観視して、事実のみを受け取る
②相手を知る
相手に関心を持ち、相手の話を聴くときは傾聴を意識する
③自分を知る
自分自身としっかり向き合い、自分の感情と相手に何をしてほしいかを理解する
④適切に自己主張する
自分の感情と相手に何をしてほしいかを、相手が理解できる言葉で伝える

いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介した「3つのコミュニケーションタイプ」「アサーティブコミュニケーションで必要な4つの要素」「アサーティブに伝える手法」を軸に、アサーティブコミュニケーションの基礎と、アサーティブコミュニケーションの活用法をお教えします。
ぜひ、本研修で適切な自己主張に必要なアサーティブのコツを習得してください。

コラム執筆者

大谷 更生

大谷 更生大谷更生総合研究所合同会社 代表社員

明治大学商学部卒業後、KDDIで18年間システムエンジニアとして勤めた後に独立。システムエンジニア時代は総勢数百名の大規模システム開発プロジェクトの全体調整を担当。現在は問題整理の専門家として、問題整理手法、仕事のダンドリ、報連相を始めとするビジネススキル全般、売れ続ける仕組み構築に関する講師やコンサルティングを行っている。

コラムの内容を学べる公開研修情報

これまでのコラム

eラーニング・公開研修(一部)を30日間無料で
お試しいただけます

無料体験版で受講可能なeラーニングの一例

  • 新社会人のためのビジネスマナー(新入社員/内定者向け)
  • 個人情報保護 教育プログラム(全社共通)
  • Microsoft Excel 2013 応用編(IT/PCスキル)

※公開研修は、毎月2講座の受講が無料でできます。(事前のお申し込みが必要です)

コラム一覧に戻る