1. 受講期間を決める

派遣労働者に、いつ、どのくらいの期間で、eラーニングを受講してもらうかを決めます。

事業報告対象期間内にeラーニングを受講してもらう必要があります。そのためいつ案内を開始して、どのくらいの期間で受講してもらう必要があるかを確認します。

(事業報告期間のイメージ図)

事業報告期間に「フルタイム勤務の方は毎年概ね8時間以上、短時間勤務の方はフルタイム勤務の方に比した時間の教育訓練の機会を提供すること」が必要です。

(受講スケジュールの例)
必須講座の受講期間を年次の前半に設け、それが終了した後の次年度までの間は自由講座の選択期間とします。