メールマガジンバックナンバー

サイバックスUniv.会員様に毎月送付しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しております。

サイバックス メール ニュース 第152号 2017年8月16日発行

■01━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コラム】部下の「やる気」と「能力」を最大限に引き出せる上司になるために
第1回 上司が部下育成を行う際に必要な3つのこと

「人財を育成し、営業を変え、会社を変え、世界を変えていく」をモットーに、人材育成と営業支援を中心にサービスを提供する企業、株式会社人援隊の山本です。

先月は、『部下の「やる気」と「能力」を引き出す上司の必要性』についてお伝えしました。
※前回までのコラムはこちらからご確認ください。

前回、モチベーションが低い部下が多い企業には未来がないという内容をお伝えしました。
今回は、「部下の“やる気”と“能力”を最大限に引き出せる上司になるために」をテーマに、「上司が部下育成を行う際に必要な3つのこと」についてお伝えしたいと思います。

上司が部下育成を行う際に必要な3つのこととは、ずばり「心構え」と「スキル」、「信頼関係」です。
そして何より重要なのは、3つの要素は掛け算の関係にある、ということです。

具体的にどういうことかイメージしてみましょう。
例えば、社内にとても優秀で仕事ができ、みんなに信頼されている社員がいるとします。
仮に彼のスキルを10、信頼関係を10としましょう。
あなたが人事や経営に携わっていたら、こういう優秀な社員に部下を育成してもらいたいと思うに違いありません。
しかし彼が「まだプレーヤーとして一線で活躍していたい」、「自分が活躍したい」と思っており、部下をもつ心構えができていなかったら…。

この場合、部下育成はうまくいかず、部下のやる気と能力は引き出せません。
スキルが10、信頼関係が10で100のポテンシャルを持っていても、心構えという要素に0があると、部下育成の結果は0となります。
3つの要素の掛け算の関係にあるというのは、こういうことです。
逆に、部下を育成したいと強く思っており、心構えはばっちりでも、部下育成のスキルがなかったり、部下からの信頼がなかったりする場合も、うまくはいきません。
重要なのは「心構え」と「スキル」、「信頼関係」の3つの要素に、1つも0がないことになります。
そして、これら3つの要素を一つ一つ、しっかり伸ばしていくことが大切です。

では、改めてもう一度社内を思い起こしてみましょう。
自身は非常に優秀で仕事ができる、教え方もうまい。部下育成のスキルを心得ている。
なおかつ、後進を育成せねばと部下を育成する心構えもしっかり持っている。
なのに部下がうまく育たないで困っている、近頃の若者は…と愚痴をこぼしている。
そんな上司の方、いらっしゃいませんか?
実は3つの要素の中で最も重要で、多くの人が躓くのが「信頼関係」。
部下のやる気と能力を引き出すのに非常に重要な要素です。
次回は、この特に重要な「信頼関係」について詳しくお伝えしたいと思います。

──────────────────────────────────
セミナー開催のご案内
「部下の「やる気」と「能力」を最大限に引き出せる上司になるために必要な3つのこと」
──────────────────────────────────

9月14日(木)にコラムを執筆している、山本秀幸氏が講師をつとめるセミナーを無料で開催します。
席に限りがございますので、参加ご希望の方はお早めにお申込みください。

詳細は次のとおりです。

◆講師プロフィール
株式会社人援隊
山本 秀幸 氏(やまもと ひでゆき)

大学卒業後、商工ローンの飛び込み営業を経験し、大手コールセンターで、スーパーバイザーを経験。
その後、法人向け営業専門のコンサルティング・アウトソーシング会社のベンチャー企業に就職。
入社して半年間は、1社も受注できない売れない営業マンを経験。
半年後、元リクルートのトップ営業マンだった社長に、直接指導を受け、法人向け新規開拓営業の上席プランナーとして、年間2億円の売上をあげ、会社の成長に貢献する。
その後、外資系人材コンサルティング会社の研修事業の事業責任者を経て、2014年に、法人向け新規開拓営業コンサルタント/人見知り専門の営業家庭教師として個人事業主として、独立。2016年4月に、株式会社 人援隊を設立、隊長に就任。
外資系人材コンサルティング会社での研修事業責任者の経験をもとに、営業研修、コミュニケーション研修、 管理職研修、キャリアデザイン研修等、 人財育成支援も精力的に行っている。

公式HP:http://www.jinentai.co.jp/

本セミナーは、サイバックスUniv.の会員でない方でも無料でご参加いただけます。
会員でない方は、サイバックスUniv.体験版IDをお申込みいただき、システムログイン後にお申込みください。

サイバックスUniv.体験版お申込フォームは ⇒ https://www.cybaxuniv.com/admin/ope_com/new

■02━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コラム】働き方改革 ~全ての人が輝く働き方へ~
第3回 全ての人が本当の意味で活躍している状態とは

こんにちは。ガイアモーレ株式会社 取締役 中小企業診断士の細木聡子です。
先月は、「働き方改革は全ての職場で実現可能か」についてお伝えしました。
※前回までのコラムはこちらからご確認ください。

最終回は、「全ての人が本当の意味で活躍している状態とは」についてお伝えします。

全ての人が活躍している状態とはどのような状態でしょうか。

第3次安倍晋三改造内閣の目玉プランとして「一億総活躍社会」を目指すということが謳われ、政府はそれに向けて様々な取り組みをしています。

では、具体的に企業や組織の中で、全ての人が活躍している状態とは、どのような状態と考えられるでしょうか。

多くの企業では、数値目標として「女性管理職比率〇〇%達成」を掲げていることと思いますが、これはあくまで結果論で、本質は別のところにあると考えます。

私は、全ての人が本当の意味で活躍している状態とは、「全ての人が自分らしくイキイキと最高のパフォーマンスを出せている状態」と思っています。

子育て世代の女性や介護を行っている方等、労働時間等に制約がある方も含めて全ての人が、限られた時間で自分らしさや自分の強みを活かして、イキイキと最高のアウトプットを出し続けている状態、これが本当の意味での全ての人が活躍している状態であるということです。

この状態を実現するためにまずやるべきことは、以下の2点であると考えます。

①働き方の改革
②人事評価制度の見直し

①働き方改革とは、これまでの長時間労働体質を改善し、短時間で成果を最大化させる働き方にシフトしていくという取り組みを行うということです。
従来の長時間労働が当たり前の労働環境では、近い将来に予測されている介護人口の大幅な増加等に伴い、ほんの一部の社員のみが成果を出しているという状態に陥り、組織全体のモチベーション低下により、パフォーマンスの大幅な低下を招いてしまいます。
全員が短時間で成果を出す働き方にシフトすることによって、時間に制約がある社員も含めて全ての人がモチベーション高く、最高のパフォーマンスを出すことができるようになります。

②人事評価制度の見直しとは、評価基準に時間あたりの生産性を評価する観点を導入し、これまでの労働時間を度外視した評価制度を廃止するということです。

この評価制度の導入により、短時間で成果を出す働き方を実現している社員が管理職や役員に登用され、意思決定の場に参画することにより、更に働き方改革、労働環境の改善に拍車がかかっていきます。

上記の2点の取り組みをまず行うことで、「全ての人が本当の意味で活躍している状態」を実現することができると考えます。
多くの企業が目標値として掲げている「女性管理職比率〇〇%」もこれら取り組みにより、本来意図している状態を実現しながら達成することができると言えます。

是非、これらの2つの取り組みを今から始めていただき、全ての人が自分らしくイキイキと最高のパフォーマンスを出せる企業・組織を目指していただきたいと思います。

──────────────────────────────────
セミナー開催のご案内
「働き方改革~全ての人が輝く働き方へ~」
──────────────────────────────────

8月24日(木)にコラムを執筆している、細木聡子氏が講師をつとめるセミナーを無料で開催します。
席に限りがございますので、参加ご希望の方はお早めにお申込みください。

詳細は次のとおりです。

◆講師プロフィール
ガイアモーレ株式会社
細木 聡子 氏(ほそき さとこ)

大学卒業後、日本電信電話株式会社(NTT)に入社。システム開発業務に携わり、新たな方式の料金システムを開発。管理職に昇格し、自治体向けSI業務に従事。
自治体向け大規模業務システムの構築プロジェクトにプロジェクトマネージャとして携わる。

中小企業診断士資格取得をきっかけに新規ビジネス開発業務に従事。
美術とITを融合した新たな美術館プロジェクトを企画、実行。

その後、管理職としてのマネージメント、人材育成実績が認められ、かねてより希望していた人材育成業務に従事。若手社員、女性社員を中心とした 育成プランの策定、社員研修の企画・運営、社内講師を経験。
2016年9月よりガイアモーレ株式会社の執行役員として抜擢され、経営改革、人材育成、講師業をこなす。

公式HP:http://www.gaiamore.co.jp

本セミナーは、サイバックスUniv.の会員でない方でも無料でご参加いただけます。
会員でない方は、サイバックスUniv.体験版IDをお申込みいただき、システムログイン後にお申込みください。

サイバックスUniv.体験版お申込フォームは ⇒ https://www.cybaxuniv.com/admin/ope_com/new

■03━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9月無料公開研修(オープン講座)のご案内

無料公開研修(オープン講座)とは、サイバックスUniv.会員・非会員の方どなたでも参加いただける講座です。

◆部下の成長を促す、OJTの進め方
【日 時】9月15日(金)15:00~17:00
【概 要】部下・後輩の成長を促すためのOJTを実施するためのポイントを体系的に学びます。

◆クレームをチャンスに繋げるテクニック
【日 時】9月26日(火)15:00~17:00
【概 要】クレームを営業チャンスに繋げるため交渉力・ポイントを学びます。

★無料公開研修(オープン講座)に参加ご希望の方は、サイバックスUniv.
体験版IDをお申込いただき、システムログイン後にご希望の講座をお申込みください。
お申込フォームは ⇒ https://www.cybaxuniv.com/admin/ope_com/new

★会場 ⇒ http://www.riskmonster.co.jp/corporate/access/

■04━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リスモングループ・サービスニュース

──────────────────────────────
第4回「大学1、2年生が就職したいと思う企業・業種ランキング」調査
堅実性と趣味・憧れが入り混じる志向が浮き彫りに
───────────────────────────────────

リスモンが独自に調査する『リスモン調べ』とは、企業活動に関するさまざまな切り口を行うことで新しい調査ターゲットの創出、新サービスの開発などに取り組んでいます。
今回は、第3回 『大学1、2年生が就職したいと思う企業・業種ランキング』調査結果を発表しました。

「大学1、2年生が就職したいと思う企業・業種ランキング」のランキング1位は「地方公務員」でした。
次いで「国家公務員」が2位、「任天堂」と「日本航空(JAL)」が3位となりました。

一方業種としては娯楽用具・がん具製造業が最も多くランクインし、また今回新たに情報サービス業がランクインするなど、学生が日常的にサービスを利用している企業の人気が高まっていることがうかがえる結果となりました。

▼詳細はコチラ
http://www.riskmonster.co.jp/rm-research/

▼お問い合わせ先
リスクモンスター株式会社 カスタマーセンター
TEL:03-6214-0350
Mail:support@riskmonster.co.jp

───────────────────────────────────
Web勤怠セミナー 大阪開催の申込受付中!
(リスモン・ビジネス・ポータル株式会社)
───────────────────────────────────

J-MOTTOオプションサービス『Web勤怠』について、1人1台パソコンをご利用いただける環境で、実際の画面を触りながら、操作方法や活用事例のご紹介をします。

<東京開催>

◇『Web勤怠』サービスセミナー
8月23日(水)、9月27日(水) 14:00~15:30

<大阪開催>

◇J-MOTTO総合セミナー(Web勤怠/グループウェア)
8月24日(木)13:30~16:00

▼セミナー情報
https://www.j-motto.co.jp/00000000/seminar/

▼お申込みはこちら
https://f.msgs.jp/webapp/form/12225_fcs_7/index.do

【がんばる企業応援サイトJ-MOTTO】
https://www.j-motto.co.jp/
0120-70-4515(9:00~18:00 土日祝休)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます。
▽メルマガバックナンバー
http://www.cybaxuniv.jp/mailmagazine/
▽メルマガの配信解除はこちら
https://krs.bz/rismon/m/cymag-cancel
【リスクモンスター株式会社 カスタマーセンター】
【TEL】03-6214-0350 / 【FAX】03-6214-0435
【お問合わせ】https://www.cybaxuniv.jp/form/
【HP】http://www.cybaxuniv.jp/
※本メールは、弊社サービスをご利用中の方、過去に弊社社員と名刺交換などご挨拶をさせて頂いた方、セミナー参加などを通して弊社がメールアドレスをお伺いした方に毎月お届けしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このページのTOPへ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

0120-035-205(平日9:00~18:00)