メールマガジンバックナンバー

サイバックスUniv.会員様に毎月送付しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しております。

サイバックス メール ニュース 第150号 2017年7月19日発行

■01━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コラム】働き方改革 ~全ての人が輝く働き方へ~
第2回 働き方改革は全ての職場で実現可能か

こんにちは。ガイアモーレ株式会社 取締役 中小企業診断士の細木聡子です。
先月は、「働き方改革を進めるために大切なこと」についてお伝えしました。
※前回までのコラムはこちらからご確認ください。

第2回目の今回は、「働き方改革は全ての職場で実現可能か」についてお伝えします。

働き方改革について、講演やセミナーでお話しをすると、「うちの職場は夜勤もあるし、お客様から昼夜問わず対応を求められることもあるから、働き方改革は難しいのではないかと考えている」などのお話しを良く耳にします。
そういった職場は果たして働き方改革を行うことは難しいのでしょうか。
私はそうではないと思っています。
なぜなら、これまで働き方改革を行ってきた現場での経験から、基本的にはどんな職場環境、職種においても改善の余地は必ずあると考えているからです。

大切なのは、働き方改革を実行する社員の意識が醸成されていることである考えます。
働き方改革を行う前提としての社員の意識が醸成されていないと、いくら取り組みを実施しても失敗に終わる可能性がとても高いです。
働き方改革を行うにあたって、必要となる社員の意識とは、具体的には以下のことが挙げられます。

【STEP1:業務の見える化】
 社員全員の毎日の業務内容とそれぞれの稼働時間の記録を取る
【STEP2:業務の分析】
 STEP1での業務記録から、各業務項目毎の稼働時間の集計・分析を行う
【STEP3:課題の抽出と改善策の検討】
 STEP2での分析結果を元に改善すべき課題の抽出とその対応策の検討を行う
【STEP4:改善実行と振り返り】
 STEP3で出した改善策を実行し、効果測定と分析、振り返りを行い、更なる課題を抽出する

上記の取り組みを関係社員全員で、効率化を図りながら粘り強く進めて行くことで、どんな環境、職種の職場でも働き方改革を実現することは可能であると考えます。
一見難しいと思われる職場ほど、改善した時の効果は大きくなりますので、是非諦めずにチャレンジしていただきたいと思います。

次回、最終回は「全ての人が本当の意味で活躍している状態とは」についてお伝えいたします。

──────────────────────────────────
セミナー開催のご案内
「働き方改革~全ての人が輝く働き方へ~」
──────────────────────────────────

8月24日(木)にコラムを執筆している、細木聡子氏が講師をつとめるセミナーを無料で開催します。
席に限りがございますので、参加ご希望の方はお早めにお申込みください。

詳細は次のとおりです。

◆講師プロフィール
ガイアモーレ株式会社
細木 聡子 氏(ほそき さとこ)

大学卒業後、日本電信電話株式会社(NTT)に入社。システム開発業務に携わり、新たな方式の料金システムを開発。管理職に昇格し、自治体向けSI業務に従事。
自治体向け大規模業務システムの構築プロジェクトにプロジェクトマネージャとして携わる。

中小企業診断士資格取得をきっかけに新規ビジネス開発業務に従事。
美術とITを融合した新たな美術館プロジェクトを企画、実行。

その後、管理職としてのマネージメント、人材育成実績が認められ、かねてより希望していた人材育成業務に従事。若手社員、女性社員を中心とした育成プランの策定、社員研修の企画・運営、社内講師を経験。
2016年9月よりガイアモーレ株式会社の執行役員として抜擢され、経営改革、人材育成、講師業をこなす。

公式HP:http://www.gaiamore.co.jp

本セミナーは、サイバックスUniv.の会員でない方でも無料でご参加いただけます。
会員でない方は、サイバックスUniv.体験版IDをお申込みいただき、システムログイン後にお申込みください。

サイバックスUniv.体験版お申込フォームは ⇒ https://www.cybaxuniv.com/admin/ope_com/new

■02━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コラム】部下の「やる気」と「能力」を最大限に引き出せる上司になるために
第1回 部下の「やる気」と「能力」を引き出す上司の必要性

皆様はじめまして。株式会社人援隊の山本と申します。
弊社は「人財を育成し、営業を変え、会社を変え、世界を変えていく」をモットーに、人財育成と営業支援を中心にサービスを提供させていただいています。
今回から3回にわたり、「部下の“やる気”と“能力”を最大限に引き出せる上司になるために」というテーマについてお伝えしていきたいと思います。

「モチベーションが低い部下が多い」というお悩みを抱えている企業様の話を伺うと、「上司が部下のモチベーションを下げている」、「新任管理職が部下の能力をうまく引き出せていない」、「上司と部下のコミュニケーションが少ない」、「上司が部下を成長させられていない」といった声をよく耳にします。この時期ですと、現場に配属された新入社員たちから、「仕事を教えてくれない」、「理不尽なことで怒られる」、「挨拶をしても返してくれない」なんて声も上がってきているかもしれません。

このように上司が部下のモチベーションを上げられず、能力を引き出せない状態が続くと、「社内に心の底からこうなりたいと思う人がいない」、「自分のキャリアアップ(将来)が描けない」という声があがってきます。
実はこの声、株式会社カイラボの早期離職白書2016に記載されている、新卒で入社した会社を3年以内に辞めた方たちの声にあるものです。
そして、人財育成に課題を持たれている企業において我々がよく耳にする声でもあります。
こうした声が社内から聞こえてくると、有望な若手社員や部下たちがどんどんと離職していくかもしれません。

2017年卒マイナビ企業新卒内定状況調査によると、新卒採用において一人当たりにかかるコストは約46万といわれています。
さらに入社前の研修や新入社員研修などの育成にかかるコストは、産労総合研究所の調査によると約23万。ここに人事部や育成担当者の多大な労力がかかっていることを考えると、新卒採用後の早期退職による損失は決して小さなものではありません。

モチベーションが低い部下が多い会社では、お金と労力をかけて採用した優秀な人財が能力を発揮できずにつぶされてしまい、活躍しないまま離職していってしまいます。売上が立たず、人もいなくなる会社に未来はありません。
ゆえに、上司が部下のやる気を引き出し、能力を最大限に発揮させることが重要になってくるのです。

では、どうしたら部下のモチベーションやパフォーマンスを引き出せるのか…。
次回は、上司が部下育成を行う際に必要な3つのことについてお伝えしたいと思います。

──────────────────────────────────
セミナー開催のご案内
「部下の「やる気」と「能力」を最大限に引き出せる上司になるために必要な3つのこと」
──────────────────────────────────

9月14日(木)にコラムを執筆している、山本秀幸氏が講師をつとめるセミナーを無料で開催します。
席に限りがございますので、参加ご希望の方はお早めにお申込みください。

詳細は次のとおりです。

◆講師プロフィール
株式会社人援隊
山本 秀幸 氏(やまもと ひでゆき)

大学卒業後、商工ローンの飛び込み営業を経験し、大手コールセンターで、スーパーバイザーを経験。
その後、法人向け営業専門のコンサルティング・アウトソーシング会社のベンチャー企業に就職。
入社して半年間は、1社も受注できない売れない営業マンを経験。
半年後、元リクルートのトップ営業マンだった社長に、直接指導を受け、法人向け新規開拓営業の上席プランナーとして、年間2億円の売上をあげ、会社の成長に貢献する。
その後、外資系人材コンサルティング会社の研修事業の事業責任者を経て、2014年に、法人向け新規開拓営業コンサルタント/人見知り専門の営業家庭教師として個人事業主として、独立。2016年4月に、株式会社 人援隊を設立、隊長に就任。
外資系人材コンサルティング会社での研修事業責任者の経験をもとに、営業研修、コミュニケーション研修、 管理職研修、キャリアデザイン研修等、人財育成支援も精力的に行っている。

公式HP:http://www.jinentai.co.jp/

本セミナーは、サイバックスUniv.の会員でない方でも無料でご参加いただけます。
会員でない方は、サイバックスUniv.体験版IDをお申込みいただき、システムログイン後にお申込みください。

サイバックスUniv.体験版お申込フォームは ⇒ https://www.cybaxuniv.com/admin/ope_com/new

■03━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8月無料公開研修(オープン講座)のご案内

無料公開研修(オープン講座)とは、サイバックスUniv.会員・非会員の方どなたでも参加いただける講座です。

◆ロジカルシンキング上級編 ~仮説思考強化プログラム
【日 時】8月7日(月)18:00~20:00
【概 要】高度な経営戦略を考える上で、必要な仮説思考・推論の考え方をフレームワーク形式にて学びます。

◆課題分析の基本フレーム ~データ活用基礎
【日 時】8月15日(金)15:00~17:00
【概 要】本研修では、3Cを用いてケーススタディであらゆる企業の事業課題の分析と解決への考え方を学びます。基本的な考え方を身につけ、自社の事業課題分析および解決に役立てることができます。

★無料公開研修(オープン講座)に参加ご希望の方は、サイバックスUniv.
体験版IDをお申込いただき、システムログイン後にご希望の講座をお申込みください。
お申込フォームは ⇒ https://www.cybaxuniv.com/admin/ope_com/new

★会場 ⇒ http://www.riskmonster.co.jp/corporate/access/

■04━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リスモングループ・サービスニュース

───────────────────────────────
第4回「100年後も生き残ると思う日本企業」調査
技術力や品質だけでなく経営理念・姿勢が評価される結果
───────────────────────────────

リスモンが独自に調査する『リスモン調べ』とは、企業活動に関するさまざまな切り口を行うことで新しい調査ターゲットの創出、新サービスの開発などに取り組んでいます。
今回は、第4回『100年後も生き残ると思う企業』調査結果を発表しました。

第4回「100年後も生き残ると思う日本企業」アンケートのランキング1位は「トヨタ自動車」であった。次いで「本田技研工場(ホンダ)」が2位、「東日本旅客鉄道(JR東日本)」「日産自動車」が同率3位という結果となりました。
一方、業種としても自動者製造業および、鉄道業が独占しており、今後の日本経済を牽引していく役割として、期待が寄せらせていることが窺える結果となりました。

▼詳細はコチラ
http://www.riskmonster.co.jp/rm-research/

▼お問い合わせ先
リスクモンスター株式会社 カスタマーセンター
TEL:03-6214-0350
Mail:support@riskmonster.co.jp

─────────────────────────────────
グループウェア・オプションサービス無料セミナーの申込受付中!
(リスモン・ビジネス・ポータル株式会社)
─────────────────────────────────

この夏、J-MOTTOで開催する無料セミナーについてご紹介します。
J-MOTTOグループウェア、または、J-MOTTOオプションサービス(ファイル共有サービス・Web勤怠)について、1人1台パソコンをご利用いただける環境で、実際の画面を触りながら、操作方法や活用事例のご紹介をします。

<開催日程/東京開催>

◇『J-MOTTOグループウェア』操作セミナー
 8月10日(木)、9月7日(木)14:00~16:30

◇『J-MOTTOグループウェア』管理者セミナー
 8月25日(金)、9月14日(木)14:00~16:30

◇『ファイル共有サービス』セミナー
 7月20日(木)、9月6日(水)14:00~15:30

◇『Web勤怠』サービスセミナー
 7月19日(水)、8月23日(水)、9月27日(水)14:00~15:30

◇『パートナー(代理店)制度』セミナー
 7月28日(金)13:30~15:00

<開催日程/大阪開催>

◇『J-MOTTOグループウェア』総合セミナー
 7月14日(金)、8月24日(木)、9月15日(金)13:30~16:00

▼セミナー開催のお知らせ詳細
https://www.j-motto.co.jp/00000000/info/service/2017-07-12.html
▼セミナーのお申込みはこちら
https://f.msgs.jp/webapp/form/12225_fcs_7/index.do

【がんばる企業応援サイトJ-MOTTO】
https://www.j-motto.co.jp/
0120-70-4515(9:00~18:00 土日祝休)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます。
▽メルマガバックナンバー
http://www.cybaxuniv.jp/mailmagazine/
▽メルマガの配信解除はこちら
https://krs.bz/rismon/m/cymag-cancel
【リスクモンスター株式会社 カスタマーセンター】
【TEL】03-6214-0350 / 【FAX】03-6214-0435
【お問合わせ】https://www.cybaxuniv.jp/form/
【HP】http://www.cybaxuniv.jp/
※本メールは、弊社サービスをご利用中の方、過去に弊社社員と名刺交換などご挨拶をさせて頂いた方、セミナー参加などを通して弊社がメールアドレスをお伺いした方に毎月お届けしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このページのTOPへ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

0120-035-205(平日9:00~18:00)