メールマガジンバックナンバー

サイバックスUniv.会員様に毎月送付しているメールマガジンのバックナンバーを掲載しております。

サイバックス メール ニュース 第142号 2017年4月19日発行

■01━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
臨時メンテナンスのお知らせ

下記スケジュールにて臨時メンテナンスを実施致します。
設備強化に伴う新データセンター移転のため以下時間帯はご利用いただくことはできません。

■5月3日(水)18:00~5月4日(木)8:30

※事情により、延長・中止する場合がございます。
その場合はサイバックスUniv.ログイン画面にてご案内いたします。

ご利用の皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解ご協力いただきますようお願いいたします。

■02━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コラム】御社の営業を売れっ子営業にするためのポイント
第2回『売れっ子営業が、商談の最後に必ず約束することとは』

売れっ子営業を育てる、株式会社トレーナビリティーの新井です。
私は日ごろから、売れる営業を育てる、ということをテーマに研修や営業文化、営業の仕組みのコンサルティングをさせて頂いております。

先月のコラムにて「実力の可視化の重要性」についてお伝えしました。
(先月のコラム内容はこちらからも確認できます。)今月のテーマは、「売れっ子営業が、商談の最後に約束することとは」です。

皆さんは、お客様との商談の最後になんと言って、客先から出ていますか?

多くの方が、「また来ますね」「次回は見積り持ってきますね」など、実際の商談の流れによって違うものの、このようなことを言って、客先から帰ってくると想像されるのではないでしょうか。

売れっ子営業は、商談の流れに関係なく、あることを約束して帰ります。

それは「いつまでに、何をします」という約束です。
どんなに見込みがなくても、期限を設け、何をする、というGIVEの姿勢を見せ、その約束を果たします。

約束する内容は、なにも各社全てにオーダーメイドで対応しなくてはいけないわけではありません。
例えば、商談が長引きそうな場合は、自社の取り扱い領域で、顧客にとって役に立てる一般情報や業界ニュースを届ける程度でもいいのです。
例えば人材営業であれば、世の中の採用動向や有効求人倍率等のニュースです。

この行動によって、「自分は顧客に対して、何かを提供することで役立っている」ということをお客様に認識してもらいます。

人は、一度できた関係を簡単に変えることはできません。
売れっ子営業は、意図的に相手にとって役に立つものを提供し、それを感謝される関係づくりを行います。
そうすることで、この人とはアポを設定する、この人の話は信用する、という状況を創りだします。
つまり、お客様との約束事は、「関係づくり」に資するものである必要があります。
この約束を複数パターン用意し、相手によってオーダーメイド対応しているように演出します。

こうした約束を積み重ねることで、顧客との接触回数も増え、アプローチがしやすくなります。
まずは簡単な約束でよいので、自社が提供できるものは何かを考え、実践してみてはいかがでしょうか。

──────────────────────────────────
セミナー開催のご案内
「御社の若手を売れっ子営業にする5つのポイント」
──────────────────────────────────

5月22日(月)にコラムを執筆している、新井重成氏が講師をつとめるセミナーを無料で開催します。
席に限りがございますので、参加ご希望の方はお早めにお申込みください。

詳細は次のとおりです。

本セミナーは、サイバックスUniv.会員・非会員の方どなたでも参加いただけます。
サイバックスUniv.体験版IDをお申込みいただき、システムログイン後にお申込みください。

サイバックスUniv.体験版お申込フォームは ⇒ https://www.cybaxuniv.com/admin/ope_com/new

◆講師プロフィール
株式会社トレーナビリティー 組織・人事コンサルタント
新井 重成 (あらい しげなり)

2007年11月、株式会社リクルートに入社し、就職Shop推進室に配属となり、2011年4月から拠点マネージャーとして中心で活躍。
在職中は2008年度~2012年度の5年間、売上トップを維持し、MVPを初めとするトップ営業賞の受賞、表彰は多数。
また、赤字支店のマネージャーとなり、黒字転換に成功すると共に、部下13名のマネジメントと自身の営業を並行して行うなど、プレイングマネージャーとして活躍。
2013年3月に同社を退社し独立。現在は、採用、人事、研修のコンサルティングを300社、就職決定人数500名の実績に基づく実践的かつ効果的な研修を提供する研修講師として活動中。
特に営業や人事、組織活性にまつわるテーマで企業の文化・制度・ビジネスモデルを加味した研修を構築し好評を得ている。

公式HP:http://t-ability.com/

■03━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コラム】チームビルディング
第1回『「チーム」とは何か』

はじめまして。
特定非営利活動法人THOUSAND-PORT 代表理事の鈴木篤司です。
今月から3回にわたって、「チームビルディング」に関するコラムを担当させていただきます。

最初に皆さんに質問です。「チーム」とはなんでしょう?

いきなりこう聞かれるとちょっと答えに窮しますよね。
私の質問の意図をクリアにするためにも”「グループ」との違い”という文脈で考えてみるとどうでしょう?
勿論様々な定義があり、使われる文脈次第で意味が変化するものであることは留意しつつも、このように言えるだろうと考えます。

まず、「グループ」についてですが、その性質を端的に現すのは「同質性」と言えると思います。
日常的に、似ている属性・性質・思考の集団をグループと捉えることは多いと思いますし、所謂ロジカルシンキングの作法としても、属性や性質の同じ、もしくは近しいものを「グルーピング」するのが合理的とされます。
実際に、複数人で何かに取り組もうとする場合、同質性をキーに集められたメンバーだと意見がまとまりやすい、という利点はあるでしょう。

しかし、それはイノベーション(革新・変革)が起きづらい、ことの裏返しでもあります。
更に言えば、同質性からくる”安定”した状態を壊したくないという心理や同調圧力から妥協が産まれ易くもなるのではないでしょうか。

対して「チーム」ですが、その性質の特徴は「異質性」にあると言えます。
その分、意見はまとまりづらいかもしれませんが、妥協やコンフリクト(対立)を乗り越えて、「C案」に到達(止揚)し、それがイノベーションを起こすと言う可能性を秘めています。

この様に、「チーム」の本質は異質性であり、「違い」こそがチームで活動することの前提であり、その価値の源泉であるといえます。

次回のコラムでは、その「異質な他者」の集合体を「チームビルディング」する、具体的な手法をお伝えしていきます。

──────────────────────────────────
セミナー開催のご案内
「レゴ(R)シリアスプレイ(R)を活用したチームビルディング講座」
──────────────────────────────────

6月13日(火)にコラムを執筆している、鈴木篤司氏が講師をつとめるセミナーを無料で開催します。
席に限りがございますので、参加ご希望の方はお早めにお申込みください。

詳細は次のとおりです。

◆講師プロフィール
特定非営利活動法人THOUSAND-PORT 代表理事
鈴木 篤司(すずき あつし)

1986年 外食企業入社、その後CSR事業者でのマネージャー職を経て、2006年ソフトバンクテレコム(現ソフトバンク)入社。
某通信会社との新会社設立プロジェクトに副本部長職として出向、ソフトバンクモバイル法人部門立ち上げプロジェクトPMO等、大型プロジェクトに関わる。
コミュニケーションの量と質がプロジェクト成功を左右するとの経験則から、カウンセリング、コーチングを学び、上記業務の傍ら社内研修講師としてネクストリーダー向けコーチング研修等を担当。
また、在職中に青少年育成事業を主たるドメインとしたNPO THOUSAND-PORTを設立し、代表に。
2012年にソフトバンクを退社し同NPOに専従。⻘少年育成、キャリア・デザイン支援事業の企画・運営、企業や行政での人材育成支援(研修やワークショップ)を多数実施。

公式HP:http://thousand-port.com/

本セミナーは、サイバックスUniv.会員・非会員の方どなたでも参加いただけます。
サイバックスUniv.体験版IDをお申込みいただき、システムログイン後にお申込みください。

サイバックスUniv.体験版お申込フォームは ⇒ https://www.cybaxuniv.com/admin/ope_com/new

■04━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5月無料公開研修(オープン講座)のご案内

無料公開研修(オープン講座)とは、サイバックスUniv.会員・非会員の方どなたでも参加いただける講座です。

◆新任リーダーのためのチーム育成と仕事の進め方
【日 時】5月11日(月)15:00~17:00
【概 要】リーダーとしての役割と求められるスキルについて学びます。

◆これならとおる!企画立案のポイント
【日 時】5月19日(金)15:00~17:00
【概 要】企画立案の基本的な考え方や、発想~まとめまでの流れを学び、実用性の高い総合的な企画立案のスキルを習得します。

★無料公開研修(オープン講座)に参加ご希望の方は、サイバックスUniv.
体験版IDをお申込いただき、システムログイン後にご希望の講座をお申込みください。
お申込フォームは ⇒ https://www.cybaxuniv.com/admin/ope_com/new

★会場 ⇒ http://www.riskmonster.co.jp/corporate/access/

■05━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リスモングループ・サービスニュース

───────────────────────────────
第3回「就職したい企業・業種ランキング」調査
公務員についでソニー、JR3者、任天堂、資生堂が人気を集める
───────────────────────────────

リスモンが独自に調査する『リスモン調べ』とは、企業活動に関するさまざまな切り口を行うことで新しい調査ターゲットの創出、新サービスの開発などに取り組んでいます。
今回、第3回「就職したい企業・業種ランキング」調査結果を発表!!

「就職したい企業・業種ランキング」の1位は「地方公務員」(回答率6.8%)でした。
次いで「国家公務員」が2位(同3.8%)、「ソニー」が3位(同3.6%)となりました。

近年、「サ―ビス残業」や「過剰労働」、「過労死」への関心が高まっており、就職や転職において勤め先がブラック企業であるか否かは、非常に高い関心事となっています。
今回のランキングにおいて、「地方公務員」や「国家公務員」が上位を占めた点については、単なる安定職ということだけでなく、「最終的に500万円~700万円程度の安定収入」が得られ、「正規雇用」であり、「サービス残業」が発生しにくい、「福利厚生」の充実している職業として選択された結果ともいえます。

▼詳しくはこちら
http://www.riskmonster.co.jp/rm-research/

▼お問い合わせ先
リスクモンスター株式会社 カスタマーセンター
TEL:03-6214-0350
Mail:support@riskmonster.co.jp

─────────────────────────────────
新サービス「J-MOTTOファイル共有サービス」
無料お試しのお申込みでもれなく図書カードプレゼント!
(リスモン・ビジネス・ポータル株式会社) ─────────────────────────────────

J-MOTTOでは新サービス「J-MOTTOファイル共有サービス」リリースを記念して、期間限定で無料お試しキャンペーンを実施しています。
期間中、お申込みいただいた方にJ-MOTTOオリジナル図書カードをプレゼント!
ぜひこの機会にJ-MOTTOファイル共有サービスをお試しください。

キャンペーン期間:
2017年1月4日~2017年5月31日 ※ご好評につき2ヶ月延長※

J-MOTTOファイル共有サービスは、社内・社外とも安全にファイルを共有して、オンラインストレージのように手軽に利用できるクラウド型サービスです。

▼リリースキャンペーンのお知らせ
https://www.j-motto.co.jp/00000000/info/service/2017-03-31.html

▼ファイル共有サービスサービスページ
https://www.j-motto.co.jp/00000000/service/fileshare/feature/

※本サービスはJ-MOTTOの有料オプションサービスです。
ご利用・お申込みにはJ-MOTTOにご入会いただく必要があります。

【がんばる企業応援サイトJ-MOTTO】
https://www.j-motto.co.jp/
0120-70-4515(9:00~18:00 土日祝休)

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます。
▽メルマガバックナンバー
http://www.cybaxuniv.jp/mailmagazine/
▽メルマガの配信解除はこちら
https://krs.bz/rismon/m/cymag-cancel
【リスクモンスター株式会社 カスタマーセンター】
【TEL】03-6214-0350 / 【FAX】03-6214-0435
【お問合わせ】https://www.cybaxuniv.jp/form/
【HP】http://www.cybaxuniv.jp/
※本メールは、弊社サービスをご利用中の方、過去に弊社社員と名刺交換などご挨拶をさせて頂いた方、セミナー参加などを通して弊社がメールアドレスをお伺いした方に毎月お届けしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このページのTOPへ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

0120-035-205(平日9:00~18:00)