株式会社パソナヒューマンソリューションズ様~
eラーニング活用事例

ホームページ https://www.pasona-hs.co.jp/
事業内容 労働者派遣事業、有料職業紹介事業、紹介予定派遣事業、アウトソーシング受託事業、コンサルティング事業
上記に付帯する業務
従業員数 1,600名(2016年12月現在)

株式会社パソナヒューマンソリューションズ様(旧社名:NTTヒューマンソリューションズ株式会社様)は、パソナグループの人材サービス会社で、同グループをはじめとするさまざまな企業に約1,600名のスタッフを派遣されております。

派遣スタッフ様のキャリア形成支援などにおいて先進的な取り組みを行っておられ、それを評価されて2015(平成27)年3月には厚生労働省から優良派遣事業者として認定を受けておられます。

eラーニング利用しようと思ったきっかけを教えてください

取締役
人材サービス事業本部長 石黒 登様

2015(平成27)年9月30日に改正派遣法が施行され、派遣スタッフに8時間のキャリアアップ研修を実施することが義務付けられました。

従来、派遣スタッフへの教育は、自社内で無料スクールを開催することで提供しています。しかし、全員の受講を前提に仕組みを作ろうとすると、集合型の研修では、派遣スタッフを派遣先での就業後に一箇所に集める形になり、大勢のスタッフの時間を合わせたり、全国にいる派遣スタッフを一度に集めたりするのは現実的に困難です。

そのため、それぞれの派遣スタッフが自由に使える時間に独自に学習ができるeラーニングを選びました。

サイバックスUniv.に導入を決めたきっかけを教えてください

人材サービス事業本部
キャリアコンサルティング企画室
サービスマネージャー
遠藤 未知様

派遣法で国が想定する派遣スタッフ向けの教育研修は、社員であれば新入社員の教育研修で実施されるようなビジネスマナーの研修などに力をいれるべきとされています。

当社は、派遣法で挙げている段階的な教育訓練はすでに終了しているスタッフも多く、それぞれの派遣スタッフが自分のキャリアアップを目指した時に、もっと進んだ独自学習ができるコンテンツの多いサービスを探していました。

その観点からサイバックスUniv.は、個々のコースの内容が充実し優れていると考え、選定しました。また他社のeラーニングのラインナップと比べてコースが幅広くバランスがいいと感じました。

また、受講対象者が1,600名以上となりますので、相応のコストが想定されました。しかも、当社はキャリアアップ研修を入り口にし、8時間の教育終了後もさらに自己啓発としてキャリアアップのためのeラーニング受講を促進していくことを想定していました。

他社からはコスト削減の方法として、派遣スタッフ一人あたりの受講期間を制限し、受講者IDの入れ替えを行うことで全体ID数を抑えることができるという提案も受けましたが、その提案は採用しませんでした。

派遣スタッフの出入りがある中でも予算は決められており、費用の増減が見えないのは困ります。そのため、年間を通じてID数できちっと年間定額で提供してもらえるサイバックスUniv.に決めました。

サイバックスUniv.のeラーニングの活用方法を教えてください

派遣先での雇用形態に関し、厚生労働省は、直接雇用による社員化と無期雇用派遣への切り替えの2つを求めています。無期雇用派遣にはシステム、IT、通信などに関する専門的な高い知識が求められることとなります。

派遣先のNTTではもう一段階上のステップを目指し長期雇用の人材育成を求めています。そのため、法律上の義務となっている8時間だけでなく、次のキャリアアップのために派遣スタッフが自由に受講したいコースを選ぶことができるようにしています。学習意欲の高い受講者は、サイバックスUniv.の豊富なコンテンツから自ら進んで受講しています。

また、派遣先のNTTではセキュリティに関わる規程が他社と比べて厳しく、一般のセキュリティ研修では足りない部分があるため、NTT独自の研修を追加する必要がありました。そこでサイバックスUniv.でオリジナルeラーニングを作成してもらい、システムに搭載することで、受講状況を一元管理できるようにしております。これは内容を毎年改訂していく予定です。

独自の研修メニューをeラーニングとして派遣スタッフに提供でき、他のeラーニングと合わせて受講管理できることも業者選定の重要なポイントでした。

派遣スタッフの方が受講しているコースについて教えてください

セキュリティ対策のオリジナルeラーニングは全派遣スタッフが受講しています。

サイバックスUniv.の標準コースで人気があるのは、ExcelなどのOffice系のスキルアップのコースです。Office系のコースは一番スキルを身につけるという意味では分かりやすく、かつ業務に必要とされる部分なので、受講対象者の3~4割がOfficeスキルの講座を選んでいます。

自ら操作しながら学べるので、書籍を読むだけなのと比較してより実践的に学ぶことができ、「よく理解ができた。」という受講者からの声が寄せられています。

サイバックスUniv.導入前からスクール形式で研修は行っていましたが、当時からeラーニング形式を望む声もあり、その受講者がeラーニングを率先して受講をしていると思います。

派遣スタッフの方々の受講管理で工夫されている点はありますか

サイバックスのUniv.では、受講履歴がダウンロードできるので、毎月、eラーニングのコースの受講進捗が100%になっており修了している人をリストアップして、給与として支給しています。

また、eラーニングの受講状況を、修了者と未修了者に分けてリストにしています。未修了者の方には、サイバックスUniv.のメール送信機能からリマインドメールを送信し、受講を促しています。

当社では、前述のように3年目まで対象の派遣法の考え方ではなく、派遣スタッフ全員に受講をしてもらっています。4年目以降の派遣スタッフでも全員8時間の教育を受講してもらい、8時間受講したら給与として支給しています。

その分費用負担も多くなりますが、境目を作らないことで派遣スタッフ全体の教育研修が進むと考えています。

このページのTOPへ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

0120-035-205(平日9:00~18:00)