全社共通

~事例とセルフチェックで学ぶ~ セクハラ根絶 実践マニュアル

分類・階層:全社共通
学習形式:eL スマホアイコン
料金パック:レギュラーアイコン 全社・職種・資格パックアイコン

イメージ

セクハラとは男性、女性に関係なく起こり得るため、会社の業種や職種に関係なく、すべての職場で起こり得る職場のトラブルです。
 したがって、会社としてコンプライアンス経営の一環としてセクハラが発生しにくい組織作りや環境を整え、社内ルールを準備したら労働者への周知・啓発を図らなければなりません。同時に、組織や労働者が発するセクハラの予兆を見逃さず、確実にその芽を摘んでおかなければなりません。
 本コースでは、セクハラの意味や事例、防止体制の必要性など、セクシュアルハラスメント防止を学習すべき人が確認しておくべき重要ポイントをまとめました。

カリキュラム

セクシャルハラスメントとは/セクシャルハラスメントへの対処/セクシャルハラスメントのない職場へ/修了試験

※改訂に伴い予告なく変更する場合がございます

概要

受講期間
3ヶ月
標準学習時間
3時間

ねらい

セクハラが社員・企業に及ぼす影響を知り、原因や種類の分析から防止策・対応策まで、セクハラに関する適正な考え方を学びます。

特長

イメージ

最旬の事例で「腹落ち」体験
セクハラは、会社の業種や職負に関係なく、すべての職場で起こり得るハラスメント行為。本コースでは、被害者の受け止め方と加害者の心理との相違点、防止体制の必要性などを丁寧に解説。「ケーススタディ」では実際の事例をヒントに対処法を考えることで、さらに理解を深めます。
また、「セルフチェック」では、自身のジェンダーフリー度やセクハラ危険度をセルフチェックできます。
マルチデバイス対応
パソコン・モバイル端末(iOS/Android)の双方に対応。通勤や移動などのスキマ時間に受講できます。

このページのTOPへ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

0120-035-205(平日9:00~18:00)