新入社員/内定者

新社会人のための 文書とメール

分類・階層:新入社員/内定者
学習形式:eL スマホアイコン
料金パック:レギュラーアイコン 階層別パックアイコン

イメージ

ビジネス文書は、ビジネスシーンにおける情報伝達手段のひとつとして、頻繁に活用されています。また、インターネットの普及に伴い、E-mailも広く利用されるようになりました。いずれの場合も、活用するためには「ビジネスコミュニケーション能力」と「正確でわかりやすい文章を書く力」が欠かせません。
本コースでは、ビジネス文書・ビジネスメールの書き方や扱い方を学ぶと同時に、ビジネスのルールやマナーに対する理解を深め、企業の一員としての自覚を促します。
また、アニメーションや豊富な演習を交えながら、新社会人が苦手としている文書表現力の向上を目指します

カリキュラム

ビジネスコミュニケーションとは/ビジネス文書のマナー/ビジネス文書の作成/ビジネス文書の取り扱い/ビジネスメールのマナー/ビジネスメールの作成/修了試験 付録:ビジネス文書実例集

※改訂に伴い予告なく変更する場合がございます

概要

受講期間
3ヶ月
標準学習時間
5時間

ねらい

学生から社会人へのマインドの切り替えを促し、ビジネス文書・ビジネスメールの書き方を学ぶほか、ビジネスコミュニケーションやビジネスマナー・情報セキュリティの重要性を認識させる

特長

特長1
特長2

常に考えさせ、飽きさせない

Flash Playerを利用した動的なコンテンツで本編を構成。
受講者に対して能動的なアクションをはたらきかけることで、飽きさせず、より高い学習効果が期待できます。

スムーズな導入

ナビゲーターとして登場する2人は、学習者と同じ新社会人。
音声付きアニメーションで彼らの言動を追体験することで(ケーススタディ)、社会人生活を身近なものとして捉え、スムーズに学習を始めることができます。

文書表現力の基本を鍛える

主語と述語の関係が正しく扱われていない、レポートが形にならない・・・
近年、若年層の「書く力」の低下が指摘されています。
文例集は多数出回っていますが、文章の穴埋めすらできないのが現状です。
本コースで扱うフォーマットは、入社1年目の社員が業務で書く機会が多いものを厳選。文例集に頼らず、正確でわかりやすい文章が書けるよう、記述中心の演習を通して「書く力」の基本を鍛えます。

このページのTOPへ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらから

0120-035-205(平日9:00~18:00)